横浜市の不用品回収でお悩みならかたづけ金太郎

かたづけ金太郎 kataduke kintarou メールでのご相談 24H OK

受付時間7:00~19:00

クレジットカードでのお支払いOK
 

建物調査の需要が高まってきた現代

 

インスペクションとも呼ばれる建物調査は近年では大変注目が高いものになっています。

建物の耐震性や劣化度合い、欠陥の有無などについて調査するサービスです。明確な定義は存在しませんが、既存建築物を対象とした調査のことを“建物調査”と指すことが一般的なようです。ほんの少し前まではほとんどなじみのないサービスでしたが、自然災害が増えてきて、需要が高まってきたようです。かたづけ金太郎ではこの建物調査のサービスも承っています。実際に現在では多くのお問い合わせやサービスの依頼をいただいております。

 

”ストック型社会への転換”

 

実際に上記で取り扱った内容により増えてきたことも事実ですが、大きな要因として「ストック型社会への転換」が主な要因として考えられています。

海外の多くでは100年以上経過した建物を改修や用途を変え、大切に使用していくといった傾向が見られます。一方、日本では築30年ほどで1度取り壊し、再び建て替えるといった「スクラップアンドビルド」を繰り返し行ってきました。しかし近年ではそれらが見直され、マンションもリノベーションや古いレトロ風のビルなどの人気が高まってきています。

2006年委発足された発足された住生活基本法でも「良質な住宅ストックの形成」が基本理念として掲げられています。

「ストック重視」の方向にシフトを変更したことにより、適切な修繕・改修は必然的になります。それらを行うためには建物の状態を把握することがなによりも大切になってきます。

 

建物調査のご依頼も多く頂いております!

 

 

建物調査(インスペクション)の対応を盛り込んだ改正宅地建物取引業法は2018年4月1日に施行され、少しずつ一般的に浸透しつつあります。

現在、かたづけ金太郎では続々とご依頼をいただいております。
現状、実施は義務化しているわけではありませんが、“インスペクション済み”の物件は増えていくこととなります。

オススメ記事一覧


カテゴリの一覧 ≫

三十秒でお見積もり

こんな時はかたづけ金太郎にお問合わせください!

受付時間7:00~19:00

0120-966-489